会社売却はコンサルティング会社に相談~プロの手腕でお得に売却~

会社売却とは?

会社売却は文字通り、自社を有償で手放してしまうという行為になります。近年ではM&Aが話題になっていますが、これも事業売却の一つの手段でしょう。事業を譲り渡すことは広く行われていますが、どのような結果が見込めるのでしょうか。

会社売却の流れ

まずは相談から

事業内容や経営状況は会社によって千差万別ですし、買い手のニーズも多彩なものがあります。このため、売却に向けのファーストステップは、どのような形で売買を行うのかを相談し、決めていくことになるでしょう。

じっくり検討し交渉

会社売却の方針が決まったら、売り手と買い手双方がじっくりと交渉し、検討を始める段階になります。お互いの提案を出し合ったり、企業秘密も開示されるなど、契約前の重要なステップです。

いよいよ契約

会社売却に合意がなされると基本合意を行います。この基本合意には買い手の買取手段や、独占交渉権などが盛り込まれており、極めて重要ですから、失敗は許されません。

最終合意で売却は最終ステップへ

基本合意の後、買い手にスムーズに権利が移行するよう、また、不意のトラブルを防ぐような措置が講じられます。それが終わると、最終合意に進み、決済と譲渡が行われれば、取り引きは終了です。

会社売却はコンサルティング会社に相談~プロの手腕でお得に売却~

社内

優良コンサルティング会社の選び方

会社は資産としても大きなものですし、借入金や売掛金などの問題も含み、その売却は複雑になることもあります。このため、コンサルティング会社を選ぶ時には幅広い対応力があり、実績の面でも豊富なものが望ましいでしょう。

コンサルティング会社のサポート内容

コンサルティングは会社売却に際し、買い手探しから交渉、契約締結と譲り渡しまでをしっかりとサポートしてくれます。会社の譲渡はノウハウや慎重な判断が必要になるケースも多々ありますが、そのような部分も支えてくれるのが、優良なコンサルティング会社です。

会社売却に必要な費用

コンサルティングを活用するとコストは発生しますが、上手に売り渡せるなら悪くはない投資でしょう。料金体系は会社によって異なりますし、成功報酬制を導入していたり、売却する事業規模などによって変動する場合もあるので、個別に確かめるのがオススメです。

会社売却に関する注意点

会社の売却は失敗する場合もありますから、気をつけたいポイントは多数あります。高値で売却可能でも、そのポイントを知らずに足元を救われるケースは少なくありません。例えば、不都合を隠しているような場合には失敗しやすいです。他にも色々ありますから、コンサルティング会社と相談して、気をつける点を洗い出しておくと良いでしょう。

会社売却で得られるメリット

no.1

事業を存続できる

後を継ぐものがいない事業では、現在の代表が退いてしまうと先行きが心配な時もあります。しかし、良い相手に売却すれば、培ってきた事業を残して社員も守れるでしょう。

no.2

会社の立て直しが図れる

自社では中々、資金的やノウハウ的に難しかった手段でも、買い手が補う形で実現できる場合があります。このため、販路拡大や設備投資によって、会社の建て直しも可能です。

no.3

会社を更に成長させたい時にも

M&Aによって合併させるなどの方針を取れば、他社の強みと自社の強みを組み合わせ、強力な態勢を目指すことも可能です。事業発展を目指せるのも売却のメリットでしょう。

no.4

不要な部門を切り離す

会社売却では一部だけを検討することも可能です。不採算事業を立て直せるような会社に譲れば、相互にメリットが有るでしょう。一部譲渡は、中心事業に力を注ぎたい時などに、よく用いられる手段です。

no.5

ゆっくりと休養が取れる

会社の切り盛りで疲れている経営者も少なくはないと思いますが、上手に売却に成功すれば、心配なく一線を退けるでしょう。後継者がとよりにならない時は引退しても不安な日々が続くかもしれませんが、売却によって上手な経営者と折り合いが付けば、安泰と考えられるはずです。海外移住や農家を始めたいなどの夢も適うでしょう。

広告募集中